ポインター 指示棒

レーザーポインターにプレゼンテーション機能を搭載し、さらに指示棒の役割も持たせる。
そんな商品が7月下旬に発売されます。



プレゼンテーションや会議などの発表の時にレーザーポインターは活躍しますし、レーザーポインターにはパワーポイントの操作もできるものも多くあります。
しかし、レーザーポインターの光がディスプレイ上で見えにくい場合もあります。
そんな時に昔ながらの指示棒があれば、レーザーの光に左右されることなく、プレゼンテーションを進めることができます。

指示棒の長さは617mmで7段階の調節ができ、本体と合わせると最大827mmまで伸びます。
また、本体とパソコンの接続は、USBレシーバーを使う方法とBluetoothで接続する方法の2種類に対応しています。
単3形アルカリ乾電池1本で動作し、プレゼンテーション操作だと約1,000時間、レーザー連続点灯時間は約20時間動作します。

レーザーポインターとパワーポイントの操作と指示棒の3つの機能を1つにまとめられたこの商品は、さまざまな場面に対応可能なので、とても便利だと思いました。